Y.AOKI

システム開発チーム システムエンジニア / 2013入社

自社サービスで自分の開発を活かす

アドベンチャーの前はシステム受託開発を行っている会社で、主に業務システムを開発していました。ほぼイントラネットの開発です。
客先常駐などもまれにあり、個人的には落ち着いて働けないという点、自社サービスで自分の開発を活かしたいという思いから転職しました。

実際にアドベンチャーでは

・サイトの規模がどんどん大きくなってきていて、大きなシステムを任されている、裁量を持って業務に取り組めている
・リモートではありつつも、実際に利用している人が喜んで使ってくれるというレスポンスをすぐに帰ってくる環境は、あまり開発者として感じる機会は稀だと思うため、運営側と直接やり取りして、反応を見ながら開発できるのは良い

と感じています。

今の開発チームの役割の中では、skyticket国内航空券の開発と保守、新規システムの開発とメンテナンスが中心です。
本社が約1年半前にオフィスが高輪台へ移転したことで、上長と話し合いの結果、現在は自宅での開発を中心として業務を遂行しています。

今仕事で達成したいこと

入社3年目にしてサイトの大型リニューアル以来、新機能やユーザー数、取扱高もどんどん規模が大きくなり、新たに商品やサービスも増えています。
リニューアルが終えて、一呼吸といきたいところですが、これからもより一般のカスタマーであるユーザーだけでなく、オペレーターなどの社内のユーザーにとっても使いやすいサービスを目指すとともに、新たな予約サービスにも関わっていきたいと考えています。

ある1日の仕事の流れ

AM

●10:00

出社準備

在宅勤務のため1日の開発スケジュール、社内連絡を確認し、本日の開発チームのミーティングに備え出社準備を行います。

●11:00

開発チームミーティング

11時から週に1度の開発チームミーティングに出席します。
ここでは、1週間の進捗の確認と、これから発生しそうな業務や開発が伴う事業について、採用に関してなど開発チームに関わる様々な案件について提議しています。

●12:00

自宅へ

開発チームミーティングが終わり、社内のメンバーとも話をしたら、自宅へ引き返します。

PM

●13:00

ランチ

自宅に到着し、ランチを取ります。
在宅という点もあり、この辺の時間は自由に調整して取っています。
連続して開発していると集中力も切れるので、小分けにして取ることもあります。

●15:00

開発を再開

開発を再開し、社内のメンバーとグループウェアを通じて既存システムの改修や修正も行い、一通りタスクが完了したら、新規開発に時間を使います。

●20:00

業務終了

おおよそ1時間ほど残業して1日の新規開発タスクを終え、本日の業務を終了します。

会社をどう変えていきたいか

在宅勤務をしていながらも、内部の仕組みについてはまだまだこれから作り上げていかなければならないのではと思うことも多い職場です。
自社サイトのシステムは24時間動いているサービスのため、急なトラブルや時間外の対応を求められることがまれに発生します。その様なときにどういった流れで対応に移るのか、誰がどのように対応するのか、といった細かいところはシステム開発チームに委ねられています、社員数が増えることを予測して、このようなイレギュラー対応にもなるべく最短で、効率的な取り組み方など、基礎的なところも含め組み立てていきたいと思っています。

こんな人たちとサービスを大きくしたい

社会人としての基礎が備わっている方。思うことを羅列すると、
・思いやりをもって働ける
・人を尊重できる
・注意と文句の分別がついている
・作業の優先順位を付けられる
・頼まれたことはちゃんとやれる
という方です。

見直すと本当に当たり前のことですが、この少人数の中で気持ちよく仕事をしていくには、一人ひとりと関わっていかなければならないわけで、そう思うと人間性、一緒に働きたい人柄かどうかはとても大きい要素だと思います。
アドベンチャーの社内を見ても、そういう人が多い印象なので、そのポイントは外せないのだと感じます。

技術面では、アドベンチャーでは主に使用している開発言語はPHPです。
そのため、求めるスキルとしては、よりLAMP環境での開発経験がある、よりWeb系システムの開発経験がある、そして、何らかのシステム開発経験があった方が開発に入りやすいです。
しかし、前職でエンジニアやプログラムではなかった方がキャリアチェンジし、アドベンチャーでシステム開発として第一線で就業されている方もいるので、やってやるという気持ちと、そのやる気をどう表現してくれているかが一番重要なのだと思います。