事業開発部 ディレクター

佐藤 舞

インターン→2020年新卒入社

佐藤 舞

CHAPTER 01

「経営から企画まで全部学べるよと担当の方に言っていただいて、インターンを始めました」

私がアドベンチャーでインターンを始めたきっかけとしては、大学生の頃に起業や企画をしたくて、どんな会社のインターンに行けばそれを学べるのかを調べているうちにアドベンチャーにたどり着きました。
そこでの面談で、経営から企画まで全部学べるよと担当の方に言っていただいて、インターンを始めました。
インターンでは一番最初に新規事業の企画で0→1から、さらに1→100までやろうという仕事を任されたので、目的としていたものは達成できたのかなと思います。

CHAPTER 02

「分からないことがあれば全て社内の開発の人や、経営層の方など、社内の一人ひとりに聞きに行った」

(新規事業の企画という)0→1の仕事は最初はどんなサービスを作ろう、アドベンチャーに何が必要なんだろうというところから調べ始めて、他社などの競合調査、要件定義、どういうカスタマーサービスを使うユーザーがいるのかというところから、そのサービスを使う人達は今スカイチケットを利用しているユーザーとどういうコネクトがあるのか、などを調べて作っていく感じです。

これまで経験がないことなので誰に聞けばいいのかもわからないし、Googleとかで検索すれば答えが出てくる問題でもない。
ウェブのこともまだ分からないので、分からないことがあれば全て社内の開発の人や、経営層の方など、社内の一人ひとりに聞きに行ったり、このサービスどう思いますかみたいなところから社内でアンケートしたりなどして地道に進めていきました。
いろいろな人に意見を聞いて、アンケートを取り、それをデータにまとめ、そこから生まれてくる仮説やアイディアをベースにまた新しい企画を立て、そのフィードバックをアンケートで得て…の繰り返しをやっていました。

CHAPTER 03

「2つ年上の上司の方がいて、その方の仕事や働く姿が凄く格好いいなと」

インターンからアドベンチャーへの入社を決意したきっかけとしては、インターンの時に自分の2つ年上の上司の方がいて、その方の仕事や働く姿が凄く格好いいなと、私もこんな風に働いてみたいと思い、その方と働くというのも目的の一つとして、入社を決意しました。

今はPO(プロジェクトオーナー)として一つのサービスを0→1で作っている段階ですが、仕事内容としては社内の制作サイド、エンジニアさんであったりとかデザイナーさんであったりとかとの連携と、あとは営業などの運用側のメンバー達との連携、クライアントの方など他社様との連携をとりながらのサービス制作を主にやっています。

入社前は、まずは運用側にアサインされて、経営やビジネスサイドの勉強をしながらの仕事になるのかなと完全に想像していたのですが、任せていただくこととなったPOの仕事はサービスの企画だけでなく、それを実際に動くものにしていくためのエンジニアサイドとの打ち合わせと調整が中心でした。システム設計に関して勉強になることもとても多く、エンジニアの仕事にもとても興味が湧いています。

CHAPTER 04

「会社の話だけでなくと悩みとかも何でも話してしまいます」

(中村社長は)凄い話しやすいですね! 何でも話を聞いてくれるし、新卒なので他の会社の社長と比べてではないのですが、社員との距離がもの凄く近いなって思います。
思いつきや感情ベースで提案をした時は「そんなんじゃ駄目だよ」とあしらわれてしまうこともありますが、自分なりのロジックに基づいて話をする時にはしっかり向き合っていただけます。

アドベンチャーで働いている方たちは、コミュニケーション能力が高い人が本当に多いなと思います。

また、利用者にとって一番使いやすいサービスを作るために、ユーザー目線でどういうところがサービスに不足しているかを常に見ていると思います。
開発チームだけでなく、社長やクライアントの方々もビジネスサイドからの視点だけではなく、ユーザーから見てこういうところが使いづらいなどのユーザーサイドに立ったサービス開発を重視しているなと感じます。
個人的にはとても話しやすくて、会社の話だけでなくと悩みとかも何でも話してしまいます(笑)

CHAPTER 05

「やる気があればどこまでもやらせてもらえる会社」

これから挑戦していきたいこととしては、今はサービスを0→1で開発している段階なのですが、リリース後は1→100にするステップなのかなと思っています。
自分は0→1は得意なのですが、1→100のステップを経験したことがないので、そこをしっかりやりきることが自分の中での今後の目標です。
ユーザー目線でサービスの持つ価値を捉えながら、サービスの売上を高めていくことが必要だと感じています。

アドベンチャーでの仕事は大きい企業では味わえないことを絶対に味わえるし、やる気があればどこまでもやらせてもらえる会社だと思っています。なのでやる気だけは持ってきてくれれば(笑)
周りの人も優しい人ばかりで丁寧に教えてくれますし、いくらでも成長できる場所だと思うので、応募をお待ちしております!

TOP